最終兵器Plagger RSSフィード

2006-09-12

ubuntu引っ越しubuntuに引っ越した - 最終兵器Plagger を含むブックマーク

ちょいと思うところあって、鯖のOS入れ直してた。plagger含む。

何ヶ月かplagger使ってて、色々と、主にOSの設定で「あーしたほうが良かったか」とか「こーすべきだったか」とちょこちょこ動作環境で改善したい点が増えすぎてしまったんで、ごちゃごちゃいじくりだすよりOSごと入れ直すかと思い立った。

変わらずFreeBSDで行こうと最初は考えてたのだけど、わりとタイムリーubuntuで走らせた方のメモを見かけたので、それを参考にubuntuに。ボクの周りでは最近ubuntu ubuntu言う輩が増えてきてて、気になってたので丁度ヨカッタ。感謝感謝

メモ/ubuntu の編集 - nakax memo


一番はじめにplaggerをつっこんでみた環境Debianで、そのときの苦労は結構なもんだった。 今回はこういう道筋があるとはいえ、やっぱり当時のアレコレが思い出として蘇ってきて、「なにかしらひっかかりあるんだろなあ」と若干尻込みしつつ、インストール開始した。

で、結果をいうと、特に問題なし。

まずubuntuセットアップが拍子抜けするほど簡単。SuSE使ったときも相当だなあと思ったモンだけど、それ以上に楽かも。

ubunturootアカウントを作らない、というのが長年linux/BSDを触ってきた人からすると違和感感じまくりなのだけど、これはこれで。ただ、やっぱりマレに「権限がありません」とかなんとか言われることがある。(ユーザーアカウントからcpan shell使ってると言われた)

なので、結局のところsudo su - rootにはお世話になるという罠が。

ともかく、上記のサイトにあるメモVM Ware関連のところを除けば普通にいける。

ちょっと捕捉しておくと、

install Plagger

の前に

install WebService::Bloglines

をしておくのは必須とは言わないまでも、しておいた方がいい。「もうBloglines使ってないからいいか」と最初スキップしたのだけど、そうするとその後のinstall Plaggerがへそ曲げて入ってくれない。forceしても。

WebService::Bloglinesモジュールに付随して色々あるということでひとつ。

あと最後にsvnでチェックアウトしておくと吉。

BSDではportでやってた部分をubuntuではaptitudeでやって、あとは同じ。当たり前だけど、それまで使ってた自分の書いたモジュールもそのまま動いております。